痛い ニキビ

痛いニキビの原因

「ニキビが痛い・・・!」

 

それは、毛穴で炎症が起きてしまっている証拠です。
雑菌が入り込んで、炎症が起きると、痛いニキビのできあがり。

 

そんなときは、まず触らないようにしましょう。
潰すなんてもってのほかです。

 

痛いニキビには、ただしい治し方を知って対処しましょう。

 

うかつに触ってしまうと、手についたばい菌が毛穴の中に入り込みます。
そうすると、さらに炎症が進んでしまい、事態が悪化してしまいます。

 

潰すのもやめましょう。

 

ついつい潰してしまいたくなるのもわかりますが、
そうすると跡が残ってしまいます。

 

また、できれば化粧も控えたほうが良いでしょう。
というのも、化粧品の成分が、毛穴の中に入り込んでしまうからです。

 

肌に刺激を与えてしまうため、傷ついてしまったり、
炎症がさらにすすんでしまうことが考えられます。

 

 

痛いニキビを一網打尽!おすすめアイテムランキング!

痛いニキビにおすすめ!ベストアイテム選出!

痛いニキビにおすすめのアイテムを紹介します!

 

メルライン【MELLINE】

顎周り・首・鼻の痛いニキビに!人気ナンバーワン!

 

日本で最も売れている、痛いニキビ専用アイテム。
顎周り・首・鼻の痛いニキビに悩んでいる人が多数愛用しています。

 

そんなメルラインの満足度は、なんと91.3%!

 

 

口コミでも「大量にできてしまった顎周り・首・鼻の痛いニキビが少なくなった!」の声が多数。
180日間の返金保証制度もあるので、安心してはじめられます。

 

 

>>メルライン【MELLINE】の詳細はコチラ<<

 

顎周り・首・鼻の痛いニキビは、コレで一網打尽!

 

ジュエルレイン【JewelRain】

首の後ろ・背中の痛いニキビには迷わずコレ!

 

首の後ろ・背中の痛いニキビに対しては、コレがオススメ!

 

ジュエルレインは、首の後ろ・背中専用の痛いニキビケア製品
使用済みでもOK!120日間の全額返金保証制度付き!

 

 

>>ジュエルレインの詳細はコチラ<<

 

首の後ろ・背中の痛いニキビに!

 

【Nov】

一石二鳥の顎の痛いニキビケア。美白効果も!

 

顎周り・首・鼻の痛いニキビ対策と同時に、美白対策も一気にできる!
臨床皮膚医学に基づいて研究開発されているので、効果への期待はバツグン!

 

@cosmeの口コミランキングでも第一位を獲得しているのが【Nov】。
かなりの実力派と考えて間違いありません。

 

 

>>【Nov】の詳細はコチラ<<

 

一石二鳥で美白もできる!

 

ビーグレン【b.glen】

ロングセラーの定番アイテム

 

満足度98.7%、もはや定番ロングセラーの顎周り・首・鼻の痛いニキビケア化粧品。
ビーグレン【b.glen】の7日間トライアルセットがついに登場!

 

使用済みでも、希望すれば365日間・全額返金してもらえます。

 

 

>>ビーグレン【b.glen】の詳細はコチラ<<

 

まずはトライアルセット!というアナタに!

 

 

 

痛いニキビの治し方

 

痛いニキビの治し方として、まずは以下の3大原則を守りましょう。

 

触らない

うかつに触ってしまうと、手に付いているばい菌やゴミが、
毛穴の中に入り込んでしまいます。

 

そうなると、余計に炎症が悪化してしまいますので、
触らないことを強く意識してください。

 

潰さない

潰してしまうと、凸凹上の跡が残ってしまう可能性があります。

 

慢性化している痛い赤ニキビの場合、潰しても再発してしまうため、
ほとんど意味のないことになってしまいます。

 

放置しない

痛いニキビの治し方は、触らず、潰さず・・・だけではいけません。

 

炎症してしまって、さらに慢性化している場合、
放置していても事態は改善しないためです。

 

では、痛いニキビの治し方は、どうすればよいのでしょうか。
それには、以下の3つのケアをすることが重要です。

 

刺激の少ない洗顔料でスキンケア

市販の洗顔料には、
界面活性剤など肌に刺激がある成分が含まれています。

 

痛いニキビに対しては、
刺激の少ない洗顔料でスキンケアをする必要があります。

 

保湿を徹底的にする

肌の乾燥が起こると、皮脂が大量に分泌されてしまいます。

 

その結果、毛穴の内部で詰まって、炎症が悪化してしまうなど
様々な問題が発生してしまいます。

 

そのため、保湿を徹底的に行なって、乾燥肌の予防をしましょう。
肌への浸透力が強い保湿成分がある化粧品でスキンケアしましょう。

 

肌に栄養を与える

肌に十分な栄養を与えて、回復・再生能力を高めましょう。
とくに、ビタミンCは効果的だと言われています。

 

ビタミンCには皮脂の分泌を抑えたり、肌の炎症を軽減してくれます。
原因菌の殺菌をする効果があるため、ビタミンCを十分に摂りましょう。

 

ヒント:洗顔のコツ

 

自分でできるセルフケアとして、最も効果的なのは洗顔です。
しかし、洗顔をするにもポイントをおさえておく必要があります。

 

不用意な洗顔は、症状を悪化させてしまうため、注意が必要です。

 

温かいお湯を使う

洗顔をする際には、十分に温かいお湯を使いましょう。
温度の高いお湯を使うことによって、毛穴をひらかせるためです。

 

毛穴がひらいた状態で洗顔をすれば、炎症の原因となっている余分な皮脂や、
毛穴内部のゴミ・汚れをスッキリと洗い流すことができます。

 

洗顔は1日2回までを目安に

洗顔は効果的なのですが、やりすぎてはいけません。
というのも、まず洗顔をし過ぎると、肌が乾燥してしまうためです。

 

肌が乾燥してしまうと、皮脂が多く分泌されてしまうため、
やり過ぎは控える必要があるのです。

 

さらに、乾燥肌になると毛穴がひらいてしまいやすくなり、
雑菌が詰まって炎症が悪化してしまいます。

 

また、単純に洗顔のしすぎによって、
肌が傷ついてしまうという問題もあります。

 

そのため、洗顔は1日に2回までを目安にしておきましょう。

 

「早く治したい」という気持ちは十分にわかりますが、
やりすぎは事態を悪化させるだけです。

 

痛いニキビができるまでの3段階

 

ニキビには、「白」「黒」「赤」の3段階があると言われています。

 

白・黒は初期段階

 

「白」「黒」ニキビは、まだ初期段階です。
単に皮脂が毛穴に詰まっている状態で、とくに炎症は起きていません。

 

そのため、触っても「痛い!」とはなりません。

 

この初期段階で、きちんとしたセルフケアをしておけば、
大抵の場合はとくに肌トラブルもなく事態はおさまります。

 

できるだけ、「白」「黒」ニキビの段階で、
しっかりとスキンケアをして治すことが重要です。

 

赤は悪化してしまった痛いニキビ

 

白・黒からさらに悪化してしまうと、
触ると痛い赤ニキビに変貌してしまいます。

 

毛穴の中でばい菌が増殖してしまい、炎症が起きてしまっているため、
触ると痛い赤ニキビになるのです。

 

赤ニキビになると、かなり厄介で、慢性化してしまいがちです。

 

「痛い」「かゆい」という肌トラブルの痛みを抱えている人のほとんどが、
この赤ニキビに悩んでいるのです。

 

炎症しているので、放っておくとさらに悪化してしまいます。
また、きちんとした対処をしないと、跡が残ってしまう可能性があります。

 

「痛い」ほか、「かゆい」というやっかいなものであるため、
ついつい無意識で触ってしまいがち。

 

そのため、ほとんどの人が慢性化してしまい、
再発する痛い赤ニキビに悩んでしまっているのです。

 

最終的には、「赤」から「黄」ニキビへと悪化してしまいます。
「黄」とは、ウミをもってしまい、黄色くなってしまった状態です。

 

そうなるとなおさら「痛い」「かゆい」という感覚が強くなります。

 

そこで、「膿を出せば治るかも」と潰してしまいたくなりますが、
それは絶対にやめましょう。

 

そうするとクレーター状の跡が残ってしまう可能性がとても高いため、
潰さずにきちんとしたスキンケアで対処することをオススメします。